宗教による違い

葬儀の際事前に準備すること

葬儀は、亡くなられてから一般的に2日から3日の間に行われます。
何の事前準備が無くても葬儀会社に一任する事で一通りの葬儀を行う事ができます。
ですが、事前に準備しておくことで、ゆっくりと故人とのお別れをすることができますし、
故人の意思を葬儀に反映する事ができるので、生前からご家族で話し合っておくことをおすすめします。

葬儀の事前準備で一番重要なのは、特に家族で違う宗教を信仰している場合、
信仰している宗教・宗派をしっかりと把握しておく事です。
宗教によっても葬儀の方法は、違うのでしっかりと確認しておきましょう。
生前にから家族で宗教の有無などを確認しておく習慣をつけておくことをおすすめします。

他にも、相互扶助等の加入の有無、葬儀へのこだわり、
予算、規模、宗教・宗派、遺体の安置場などは、あらかじめ事前に準備しておくと安心です。
遺体は、亡くなられた当日、または翌日に病院から移動させる必要がありますので、
自宅に安置できるのか、等を考えておきましょう。
この程度は、生前に確認しておきましょう。

葬儀は、人間の生死にかかわることで、「縁起が悪い」と事前に準備する事を嫌う方もおおいですが、
最近では、故人が生前に葬儀会社と契約している場合や、セレモニーノートを残すなど、
葬儀に関して前向きに捉える方も増えています。

自分の最後を自分の好きな方法で見送ってもらうためには、事前に話し合っておくことが一番ですし、
「縁起が悪い」ものでもありませんよね。

事前準備を行っていない場合、特に喪主の方は葬儀会社を決定するところから、
葬儀に関する様々な打合せ、手続きなどしなければならない事がたくさんありますので、
ゆっくりと最後のお別れをすることが出来なかった、という方が多いようです。

また、葬儀が終わってから○○したかった、という心残りが出来てしまう事も少なくありません。
高額な費用が必要になりますので、金銭トラブルに発展してしまう事もあります。

Menu